グーグルアドセンス審査に落ちたら確認7つの対策【2021年版】

Google
困っているネコ
Googleアドセンス審査を申請してみたけど、落ちちゃった。何がいけなかったのか原因が知りたいな。

こんなお悩みを解決します。

✅この記事で得られること

  • Googleアドセンスに落ちてしまったらやるべき対策

✅本記事の信頼性

  • ざきおはGoogleアドセンス審査に初投稿から2週間・5記事で合格しました。
そんなざきおが、Googleアドセンス審査に落ちてしまった場合に確認すべき対策を初心者目線で解説します。
ざきお

この記事では、Googleアドセンス審査に落ちてしまった原因が理解できます

記事を読み終える頃には、Googleアドセンス審査に落ちてしまった原因を把握して、対策を理解してからGoogleアドセンス審査に再挑戦できますよ

1ヶ月前までブログ知識ゼロだったざきおでも合格できた方法なので、安心して下さいね。
ざきお

さっそく本題へ移りましょう。

Googleアドセンス審査で禁止されているコンテンツ【2021年最新版】

禁止の看板

まずはGoogleアドセンス審査の前提知識として、禁止事項をおさらいしておきましょう。

Googleアドセンス審査では、以下のコンテンツが禁止されています。

  • 違法なコンテンツ
  • 知的財産権の侵害
  • 絶滅危惧種
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 不正行為を助長する商品やサービス
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア
  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ
  • 国際結婚の斡旋
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 児童の性的虐待と性的搾取

以上の禁止コンテンツに抵触している記事がないか、今一度確認しておきましょう。

禁止コンテンツの詳細はGoogle サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーにて確認できますよ。

Googleアドセンス審査に落ちたら確認すべき対策7つ【2021年最新版】

Google

前提知識が確認できたら、次はいよいよGoogleアドセンス審査に落ちてしまった場合の対策です。

Googleアドセンス審査に落ちた場合の対策には、以下の7つがあります。

  • オリジナリティを加える
  • 記事数を増やす
  • 文字数を増やす
  • 記事内に企業名を入れない
  • アフィリエイトリンクを外す
  • コピペしない
  • 著作権に違反する画像を貼らない

順番に説明していきますね。

オリジナリティを加える

Googleアドセンス審査に落ちた原因としてまず考えられるのが、記事のオリジナリティー不足です。

記事を読み返して、「誰が書いても同じような文章になっていないか?」「一般論的な内容になっていないか?」を今一度確認してみましょう。

記事にオリジナリティーを持てせるコツは、自分の経験や持論を交えて執筆することです。

読者の悩みを、自分の経験やそこから得た学びを交えて解消してあげられているか確認しましょう。

Googleアドセンス審査に落ちてしまう原因の多くは、オリジナリティー不足だと思うので、自分の記事を丁寧に読み返してあげて下さいね。
ざきお

記事数を増やす

記事にオリジナリティーがあるのに落ちてしまう場合は、記事数が不足している可能性があります。

Googleアドセンス審査においては、「今後も継続してブログが運営されそうか?」も重視されます。

そのため記事数が少ないと、Googleアドセンス審査において不利になってしまうのです。

目安としては、15〜20記事書いておけば物量的には合格基準を満たせるでしょう。

文字数を増やす

Googleアドセンス審査の物量的な基準として、記事数と同様に文字数も意識すべきです。

なぜならGoogleアドセンス審査に合格するためには、読者にとって価値のあるブログでなくてはいけないからです。

もちろん文字数が多くても価値のない文章は存在しますが、逆に文字数が少なくても価値ある文章にはほぼなり得ません

そういった記事はどこかしら情報が抜け落ちているのです。

記事の内容にもよりますが、目安としては3000文字以上あれば十分な情報量といえるでしょう。

ちなみにざきおの場合は、3000〜4500文字程度の記事を4記事書いて、Googleアドセンス審査に申請する直前には6300文字の記事を書きましたよ。
ざきお

また文字数が3000文字以上の記事でも、日本語がおかしかったり同じ文章がいくつも並んでいたりすると、ユーザビリティが悪いと判断されしまうので、いま一度記事を読み返してみるのがおすすめです。

記事内に企業名を入れない

記事内に企業名が入っていないかも確認しておきましょう。

Googleアドセンス審査は、記事内の企業名の有無で合否が分かれることもあると言われています。

なぜなら広告主側の立場からしてみれば、他の企業の名前が入っていると、広告のクリック率が下がってしまう原因となるからです。

そのためGoogleアドセンス審査に合格するまでは、記事内に企業名を入れないことをおすすめします。

アフィリエイトリンクを外す

Googleアドセンス審査期間中は、アフィリエイトリンクを外しておきましょう。

アフィリエイトリンクが貼ってあるとgoogleアドセンスの審査に落ちる原因となります。

企業名が記事に入っている場合と同様で、他の広告があるとアドセンス広告のクリック率を下げてしまいますからね。
ざきお

ブログ内にアフィリエイトリンクを貼っていないか、確認しておきましょう。

コピペしない

記事内にコピペコンテンツがないかも確認しておきましょう。

コピペコンテンツがあると、オリジナリティーが低いと判断されてGoogleアドセンス審査に落ちる原因となるからです。

どうしてもコピペが必要な場合は、きちんと引用タグを使っておきましょう。

著作権に違反する画像を貼らない

Googleアドセンス審査期間中か否かに関わらず、著作権のある画像を無許可で使用することは、著作権侵害にあたるので厳禁です。

画像を使用する際は、フリー素材や自分で作った画像を使いましょう。

無意識に著作権に引っ掛かる画像を使ってしまっているかもしれないので、記事を一通り見直しておきましょう。

まとめ:Googleアドセンス審査対策を万全にして、ブログを収益化しよう!

楽しんでいる人達

以上がGoogleアドセンス審査に落ちてしまった場合の対策となります。

最後にチェックリストで確認しておきましょう。

  • オリジナリティーが不足していないか
  • 記事数は十分か
  • 文字数は十分か
  • 企業名が入っていないか
  • アフィリエイトリンクを貼っていないか
  • コピペしていないか
  • 著作権に反する画像はないか

以上の対策ができていれば、Googleアドセンス審査に合格する準備は完了です。

✅本記事ではGoogleアドセンス審査の合格に向けた細かな対策を紹介しましたが、基礎的な部分も知りたい場合は以下の記事を参考にしてみて下さいね。

グーグルアドセンス審査に2週間5記事で合格した9つのコツ【最新版】

Googleアドセンス審査に再挑戦して、ブログをいち早く収益化しましょう!

✅ブログ収益の要であるASPについては、【知らなきゃ損】アフィリエイトASPおすすめ17社を50社と提携中の僕が厳選!をチェックしてみてくださいね。

✅登録必須のASP

3分ほどで登録できるので、サクッとやっちゃいましょうね。
ざきお

✅ブログの収益アップを手助けしてくれる神ツールについては、【使わなきゃ損】ブログツールのおすすめを50個以上試した僕が厳選!にてご紹介していますよ。

© 2021 ナレッジ・マグネット