Kindle Paperwhiteを本音レビュー【1年以上使った僕の感想】

kindleで読書する人
困っているネコ
Kindle Paperwhiteを購入したいんだけど、使い心地はどんな感じ?

こんなお悩みを解決します。

✅この記事で得られること

本記事の内容の要約

✅本記事の信頼性

  • ざきおは年間100冊以上の本を読むKindle Unlimitedユーザーです。
  • 実際にKindle Paperwhiteで読書しています。
そんなざきおが、Kindle Paperwhiteを1年以上使ってみた感想を本音レビューします。
ざきお

この記事では、Kindle Paperwhiteの使い心地が理解できます。

記事を読み終える頃にはKindle Paperwhiteの使い心地が理解でき、快適なKindleライフをスタートできますよ!

Kindle Paperwhiteを1年以上使って感じたメリット・デメリットを、丁寧に解説しますね。
ざきお

さっそく本題へ移りましょう。

Kindle Paperwhiteとは

kindle

Amazonの電子書籍端末には、Kindle・Kindle Paperwhite・Kindle Oasisの3種類があります。

Kindle Paperwhiteは中級モデルとして、価格・スペック・サイズのいずれの点でも使いやすいモデルとなっています。

厚さ8.18mm・重さ182gと薄くて軽いので、長時間持っても疲れません。

また本物の紙のような読み心地を実現するe-inkを搭載しています。

300ppiの高解像度で、小さな文字もはっきり読めます。

ディスプレイにはフロントライトが搭載されており、明るさを24段階から調節可能です。

そのためスマホよりも疲労感を格段に減らせます。

そして最大の特徴は、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisには防水機能が搭載されている点です。

お風呂場での読書もできちゃう優れものですよ。
ざきお

Kindle Paperwhiteを使って感じたメリット10個

KindlePaperwhite

まずはKindle Paperwhiteを使ってみて感じたメリットについて、ご説明します。

具体的には、以下の10点です。

  • 目に優しい
  • 集中できる
  • 防水性
  • 持ち運びが楽
  • ハイライト機能
  • 文字サイズが自由自在
  • 高解像度
  • 収納いらず
  • 辞書機能
  • 充電もち

目に優しい

Kindle Paperwhiteは、目に優しい作りになっています。

以前スマホで読書していたときは目の疲れが気になっていましたが、Kindle Paperwhiteにしてからは解消されました。

その理由は、ブルーライトが出ないからです。

またE-Inkと呼ばれる特殊な表示方法を採用しているので、視野角が広く目の負担が少なくなっています。

そしてKindle Paperwhiteにはフロントライトがついているので、ディスプレイの表面を照らして表示する目に優しい設計になっています。

そのためKindle Paperwhiteは、特に寝る前の読書にピッタリです。

なぜならフロントライトでメラトニン分泌を抑えられ、E-Inkでブルーライトが出ない設計になっていますからね。

ざきおも毎日寝る前に読書していますが、入眠がスムーズで翌朝の目の疲れも感じなくなりましたよ。
ざきお

集中できる

Kindle Paperwhiteは、読書に集中できます。

なぜならKindle Paperwhiteは、読書に特化したデバイスだからです。

読書を快適にしてくれる機能がついているだけでなく、読書に不要な機能を徹底的に排除しています。

スマホやタブレットで読書していると、「ラインやSNSの通知が気になって気づいたら読書そっちのけで返信してしまった、、、」なんて経験ありますよね?

Kindle Paperwhiteならそんな心配ありません。

そもそもアプリが入れられないようになっているので、誘惑がなく時間にメリハリをつけて読書できます。

読書特化のシンプル機能ゆえに、集中できるわけですね。
ざきお

防水性

Kindle Paperwhiteには、防水機能が搭載されています。

それも真水で水深2メートルまで最大60分耐えられるレベルの、脅威の防水機能です。

濡れた手でも操作性が変わらないので、お風呂場での読書に最適です。

ざきおがKindle Paperwhite購入を決めた決定打が、お風呂場でも読書できる防水機能ですよ。
ざきお

Kindle Paperwhiteの防水機能については、Kindle Paperwhiteの防水機能は?【水没させて徹底検証】にて詳しく解説していますよ。

持ち運びが楽

Kindle Paperwhiteは、持ち運びにも便利です。

なぜならKindle Paperwhiteは、カバンに入るコンパクトサイズで、重さもスマホと変わらないからです。

紙の本だと数冊しか持ち運べませんが、Kindle Paperwhiteなら数百冊持ち運べちゃいます。

片手で長時間操作しても疲れない軽さなので、通勤時間の読書にピッタリです。

外出先でその時の気分に合わせて読む本を決められるのも、魅力的ですね。
ざきお

Kindle Paperwhiteのサイズ感が気になる方は、Kindle Paperwhiteのサイズは?スマホや本と比較してみた【第10世代】を読んでみてくださいね。

ハイライト機能

Kindle Paperwhiteには、ハイライト機能もついています。

タッチ操作でハイライトを引いて、後でまとめて読み返すことができます。

この機能は資格の本やビジネス書を読む、自己投資の読書をしている方にピッタリです。

重要ポイントだけハイライトでまとめて後で復習することで、効率的にインプットできますからね。
ざきお

そしてKindle Paperwhiteには、ポピュラーハイライト機能もついています。

ポピュラーハイライト機能とは、ハイライトした人数が多い箇所を「◯人がハイライト」と提案してくれる機能です。

同じ本を読んだ人が重要だと感じた部分がわかるので、インプットの手助けになるわけです。

紙の本には真似できない機能ですね。
ざきお

文字サイズが自由自在

Kindle Paperwhiteの文字サイズ・フォント・行間・余白は、自分好みにカスタマイズできます。

「せっかく良書なのに文字が小さい」そんなストレスからおさらばできるわけです。

たとえば日中コンタクトをつけているときは通常の文字サイズで、風呂上がり裸眼のときは大きめの文字サイズといった感じに使うこともできます。

視力や状況に応じて、最高の読み心地にカスタマイズできますよ。
ざきお

高解像度

Kindle Paperwhiteの解像度は、300ppiと高解像度です。

こちらは漫画や雑誌を読む方にありがたい機能と言えます。

ざきおも漫画を読みますが、ぶっちゃけ紙の本よりも画質は上ですよ。
ざきお

収納いらず

「本を読み漁っているうちに、気づけば本が部屋を圧迫、、、」なんて経験ありますよね?

Kindle Paperwhiteなら、紙の本のように収納に悩まされる心配もありません。

なぜならKindle Paperwhite1つあれば、数百冊の本を保存できるからです。

保管場所は端末1本なので、本棚も不要ですね。
ざきお

特にKindle Paperwhiteのありがたみが実感できるのが、引越しのときです。

引越し前に荷造りして、新居で本棚に並べ直す面倒からおさらばできちゃいます。

端末ひとつで収納完了、これは感動ものですよ。

ざきおもKindle Paperwhiteに移行してから、引越しの手間の少なさや部屋を広く使えることに感動したのを覚えていますね。
ざきお

辞書機能

「難しい単語を調べたい」読書をしていると、そんな場面がありますよね?

Kindle Paperwhiteなら辞書機能がついているので、安心です。

気になる単語をなぞって辞書機能を使えばオッケーです。

いちいちスマホで調べる面倒がなくなりますよ。
ざきお

充電もち

Kindle Paperwhiteは1度充電すれば、1週間はもちます。

そのため「充電し忘れて外出先で読書できない、、、」なんて心配もありません。

スマホで読んでいたときは、充電器れで外出中に読書できなくてガッカリしたことを覚えています、、、
ざきお

Kindle Paperwhiteを使って感じたデメリット5個

Kindle

Kindle Paperwhiteを使ってみて感じたデメリットは、以下の5つです。

  • 操作に慣れが必要
  • 画面タッチの反応がイマイチ
  • モノクロ
  • 読み上げ機能がない
  • 貸し借りできない

操作に慣れが必要

Kindle Paperwhiteを使いこなすには、ある程度慣れが必要です。

なぜならハイライト機能・検索機能・文字の縮小機能など、多彩な便利機能がついているため、どうしても操作の慣れが必要となってしまうからです。

特に紙の本と比べてKindle Paperwhiteはパラパラめくれないので、特定のページを探すのにはじめは手こずってしまいます。

しかしそういった便利機能を使いこなせるようになれば、紙の本より快適な読書生活が訪れることは確実です。

毎日読書するなら1週間もあればメジャーな機能は使いこなせるようになるので、安心してくださいね。

ガラケーからスマホに変えた時のような感覚なので、誰でも必ず使いこなせるようになりますよ。

実際ざきおも1週間かからずに、便利機能を使いこなせるようになりましたよ。
ざきお

画面タッチの反応がイマイチ

Kindle Paperwhiteのタッチパネルは機能は、スマホなどには劣ります。

なぜならE-Inkなどの読書特化の技術を使っていて、どうしても速度や感度が鈍くなってしまうからです。

ページ移動の際に、若干モッサリしていて鈍い感じです。

何日か使えば、慣れて気にならなくなりますよ。
ざきお

モノクロ

Kindle Paperwhiteは、モノクロです。

カラー表示することはできません。

そのためカラー漫画や雑誌をメインに利用したい方には、おすすめできません。

絵や画像がモノクロで、味気ない感じになってしまいますからね。

普通の漫画なら表紙がモノクロになるくらいなので、特に支障はありませんよ。
ざきお

Kindle Paperwhiteの漫画の読み心地については、Kindle端末は漫画が読みにくい?実際に読んでみた【 Paperwhite・Oasis】にて解説していますよ。

読み上げ機能がない

Kindle Paperwhiteには、読み上げ機能がありません。

スマホのKindleなら読み上げ機能で聴く読書ができるので、Kindle Paperwhiteが唯一劣っている点といえます。

通勤中に聴く読書をしたい方は、Audibleがおすすめですよ。

貸し借りできない

Kindle Paperwhiteでは端末に全ての本のデータを保管するので、1冊だけ友人に貸すといったことができません。

こればかりは諦めて、ひとり1冊本を買わなくてはなりません。

そのため友人とおすすめの本をお互いにシェアするのも読書の楽しみという方は、紙の本の方が適しているといえます。

節約の観点からは友人とシェアできるメリットよりも、紙の本より10%ほど安く購入できたり、ポイントが付与されるメリットの方が大きいはずですよ。
ざきお

Kindle Paperwhiteはこんな人におすすめ

Kindle

以上のメリット・デメリットから、Kindle Paperwhiteは以下のような方におすすめといえます。

  • スキマ時間に読書したいアナタ
  • 自己投資として読書したいアナタ
  • お風呂場で読書したいアナタ
  • 目の疲れを感じているアナタ
  • 収納に悩んでいるアナタ

スキマ時間に読書したいアナタ!

Kindle Paperwhiteは、スキマ時間に読書したいアナタにピッタリです。

なぜなら持ち運びが楽で、通勤時間に読書できるからです。

ディスプレイは光を反射しない作りなので、外出中の読書だってノープロブレムですよ。
ざきお

自己投資として読書したいアナタ!

Kindle Paperwhiteは、自己投資として読書したいアナタにもおすすめです。

なぜならKindle Paperwhiteには、ハイライト機能がついているからです。

資格の本やビジネス書の重要ポイントをハイライトして復習すれば、効率的にインプットできちゃいます。

ポピュラーハイライト機能で、他の人が重要だと感じたところもチェックできるのも魅力的です。

ざきおもハイライト機能を活用して、年間100冊以上のビジネス書を読んでいますよ。
ざきお

お風呂場で読書したいアナタ!

Kindle Paperwhiteは、お風呂場で読書したいアナタに最適です。

なぜならKindle Paperwhiteには、防水機能が備わっているからです。

湯船に浸かりながら、まったり読書できちゃいます。

ざきおも毎日湯船に浸かって読書していますよ。
ざきお

目の疲れを感じているアナタ!

Kindle Paperwhiteは、目の疲れが気になるアナタにもピッタリです。

なぜならKindle Paperwhiteは、ブルーライトが出ない目に優しい作りだからです。

フロントライトもついているので、ディスプレイの表面を照らして目に優しく表示してくれます。

寝る前に読書したいアナタにピッタリですね。
ざきお

収納に悩んでいるアナタ!

Kindle Paperwhiteは、収納に困っているアナタにもおすすめです。

なぜならKindle Paperwhiteなら、端末1本で本の収納は完了するからです。

どんなに本を買っても、部屋が本で圧迫されてしまうことはありません。

引越しの荷造り・荷出しに悩まされることもありません。

収納のお悩みから開放されますよ。
ざきお

Kindle Paperwhiteのお得な購入方法

Kindle

最後にKindle Paperwhiteを、お得に購入する方法をご紹介します。

Kindle端末には購入時にオプションとして、3ヶ月分のKindle Unlimited(2,940円相当)をつけることができます。

しかもお値段そのままでつけられます。

つまり約3,000円得できちゃうわけです。

詳しくは、端末の【3ヵ月分のKindle Unlimitedつき】購入方法にて解説していますよ。


✅Amazonでお買い物をするなら、Amazonギフト券をチャージして使うAmazonチャージがお得ですよ。

Amazonチャージの説明

まとめ:Kindle Paperwhiteを手に入れて、快適な読書ライフをスタートしよう!

はしゃいでいる人たち

以上がKindle Paperwhiteを1年以上使ってみた僕の、本音レビューです。

簡単におさらいしておきましょう。

✅メリット

  • 目に優しい
  • 集中できる
  • 防水対応
  • 持ち運びやすい
  • ハイライト機能つき
  • 文字サイズが自由自在
  • 高解像度
  • 収納いらず
  • 辞書機能つき
  • 充電もちがいい

✅デメリット

  • 操作に慣れが必要→慣れれば圧倒的に便利、1週間程度で慣れる
  • 画面タッチの反応がイマイチ→数日で気にならなくなる
  • モノクロ→カラー漫画や雑誌以外は支障なし
  • 読み上げ機能なし→聴く読書はAudibleでオッケー
  • 貸し借りできない→紙の本より10%ほど安く購入できるので、長期的にはお得

✅こんなアナタにおすすめ

  • スキマ時間に読書したいアナタ!
  • 自己投資の読書がしたいアナタ!
  • お風呂場で読書したいアナタ!
  • 目の疲れが気になるアナタ!
  • 収納に悩んでいるアナタ!

Kindle Paperwhiteは、あなたをワンランク上の読書ライフへと導いてくれますよ。

そしてKindle端末で読書を楽しむなら、Kindle Unlimitedが相性抜群です。

Kindle Unlimitedとは、月額980円で電子書籍200万冊以上の本が読み放題となるサービスです。

幅広いラインナップから好きなだけ本を読むことができます。

Kindle Unlimitedは多くの人にとって、値段以上の価値があることは間違いありません。

今なら30日無料で体験できるので、とりあえず登録してみるのがおすすめですよ。

>>Kindle Unlimitedを無料で試してみる

>>30日無料のKindle Unlimited登録方法を画像で解説

✅Kindle Unlimitedについて詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてくださいね。

>>Kindle Unlimitedを1年以上使った僕が徹底レビュー

>>Kindle Unlimitedの口コミ・評判36件まとめ

スキマ時間を活用したい方には、Audibleもおすすめです。

Audibleとは、Amazonが提供するプロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。

有名人やナレーターが読み上げるので、聴きやすさや臨場感が増してインプット効率が上がります。

Kindleと相性抜群のサービスで、読書の質の向上やスキマ時間のさらなる活用も期待できますよ。

家事や移動の時間をさらに有効活用したい方にピッタリです。

今なら2ヶ月無料で利用できるので、とりあえずタダで聴いてみるのがおすすめですよ。

>>Audibleを無料で試してみる

どちらもKindle端末と相性抜群のサービスなので、読書の質が劇的に上がること間違いなしですよ。

Kindle Paperwhiteを手に入れて、快適な読書ライフをスタートしましょう!

© 2021 ナレッジ・マグネット